読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はげてない、略してはてな

超絶チラ裏スペース.毎回,整理し直して表側へ反映しようとは思ってるけど,絶対やらないパターン.

新世代のSF・ラノベ作家「長谷敏司」を角川の70%OFFに乗じて布教するよ!

「今回のセールもKindlekoboの後追いでしかないんだから,koboのことをもっと評価しようぜ」(挨拶)


さて,今日はタイトルの通りです。新世代といっても,もうすぐ40歳の中堅作家さんですが,もっともっと売れていいと思うのですよ!
角川書店Kindle本5000冊が70%引きという,今回の驚異的なセール。どうせ多くの人がオススメ本の紹介記事書くだろうからスルーするつもりでしたが,布教のいい機会だと気付いたのでガーッと書いています。

なお,koboは28日(火)の9時までやると明示してありますが,Kindleのセールは突発で終わる可能性があります。また,作家紹介ですのでセール対象外の本も貼っています。ご注意ください。


あなたのための物語

ライトノベル作家長谷敏司氏がハヤカワSFへと降り立った――私が最初に触れた長谷作品です。まずここから紹介しないと,私と長谷作品の向き合い方が伝わらなくなってしまいます。

購入動機は,帯の文句「イーガン、チャンを経由し伊藤計劃に肉薄する」に惹かれたわけなのですが,まさにそういう作品です。
テッド・チャン――「あなたの人生の物語」の持つ空気を下地に,イーガンの命題に対して,伊藤計劃のアプローチで挑んでいるように感じます。

このニュアンスがわからない人にはちょっと「ハード」かもしれませんが,大事なのは,こんな作品を書ける実力の作家さんだということです。


これは角川枠じゃないのでセール品ではありません,あしからず。

あなたのための物語

あなたのための物語

円環少女

今日オススメしたいのはここですね。

恥ずかしながら,昨年末のBOOK☆WALKERで3巻までが100円だったので読み始めたという新参ですが,一気に引き込まれました。明らかに表現のレベルと重厚な設定が,ライトノベルのそれじゃありません。

非難覚悟で言いますが,ライトノベルは文才が無い人間のための文学だと思っています。規定のパーツを組み合わせることで作品が組み上がるという,執筆の敷居を大幅に下げたシステムだからこそ今の隆盛があると考えているからです。
しかし円環少女は,文才がある作家がライトノベルという狭い殻で蠢いた結果,ライトノベルなのにライトノベルではないナニカへと変貌しきっています。

個人的には,主人公がガキではないのがいいですね。仕事と割りきろうとしながら,年端もいかない少女へ残酷な仕打ちを強いる葛藤が主題な時点で「ライト」じゃありませんって(笑)

13巻+αあるので普段ならオススメしづらいところですが,1冊が500mlペットボトル代くらいで買えちゃうので,全部揃えてもハードカバー1冊程度です。お買い得とかいうレベルじゃないですよ。ナヤムマエニカウンダ。

BEATLESS

長谷作品の現時点における到達点とでもいえるでしょうか。
月刊ニュータイプ連載の作品でして,はてな村でも評論合戦が盛り上がった近未来SFです。昨年,SF界を代表する星雲賞の長編部門にもノミネートされました。

アンドロイドとの愛と共存を描いた作品なのでテーマはありきたりですが,現代的な切り込み方で,現実世界への介入――「アナログハック」を主題に据えてあり,読了後にはいろいろと感想を語り合いたくなるような熱量を秘めています。10年前でも,10年後でもなく,今だから輝くSF作品の筆頭でしょう。

ただ,個人的問題点も挙げておきましょう。
イラストは,supercellのredjuice氏が添えています。とくに電子版は,公式サイトでしか見られなかった出版時の未収録絵も盛り込んである特別仕様なのですが……ビジュアルがredjuiceキャラデザなギルティクラウンの集さんそっくりなんですよ。
そうなると,イマドキな普通の主人公設定が集に置き換えられてしまって,ちょっと素直に入り込めませんでした。おそらく,ギルティクラウン完走している人が少ないだろうから問題ないでしょうけどね(´・ω・`)

電子書籍としては上記のように買うのが少し悔しい仕様だったのですが,ここまで価格が下がると関係ありませんね。さっさとポチるが吉です。

メタルギア ソリッド スネークイーター

電子版はありませんが,ある意味,これの発売日が今日だったことがブログに布教記事書く気になった理由の一つでもあります。

伊藤計劃氏が4を書き残したMGSのノベライズを,「伊藤計劃以後」の代表とも評される長谷敏司氏が3にて挑むというのは,SFファンとしても,ゲーマーとしても,『A HIDEO KOJIMA GAME』のファンとしても熱すぎるでしょう。

これ書き上げたら,さっそく買いに行きます!!!



その他にも,

ってな感じでデビュー作などもお安く手に入ります。
いやー,購入してもらうという最初の敷居を大幅に下げてくれるんだから,手には入らない本が安く買える電子書籍って布教に対する福音ですよ。


長谷敏司。私のイチオシ作家の一人ですので,その魅力を知る人が増える一助になれば幸いです。